カードローンの以外な落とし穴【審査内容について】

カードローン審査

カードローンの審査に落ちるのはなぜなのか?通過するにはどうすればいいのか?

今回はカードローン審査のコツをキャッシング会社勤務の私が会社に内緒でこっそりお伝えします。

カードローンは消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ、申し込みをすれば全ての人が契約できる訳ではなく、審査を通過する必要があるのはご存知の通りです。

業界関係者の間ではカードローンの契約率は約7割と言われており、少なくとも10人申し込みをすれば3人が審査落ちになる計算になります。

では、審査に落ちる人はどのような人でしょう?

審査に通らない人の状況をチェックすることで、審査に通りやすくなるコツがつかめますよね。

カードローン審査のプロである私から見た場合、実はカードローンで審査落ちする人には共通事項があります。

以外な落とし穴や、銀行と消費者金融で審査内容に違いもあるので確認しましょう。

カードローン会社に勤務している私の知識・経験や業界人からの情報提供もあるので、審査に有益な情報をお伝えします。

また、結論からいいますと、新規で契約する場合には大手の消費者金融会社(プロミス、モビット、アコム、アイフル)と契約するのがベターです。

銀行カードローンよりは審査が厳しくなく、それでいて安定したしっかりとした会社ですので、まずはこの4社から選ぶのがプロの目から見ても無難と言えます。

一般的なカードローン審査の最低条件

カードローン審査OK
  • 年齢が20歳~69歳まで
  • 安定した収入がある

この2つが最低条件ですが、大学生や主婦のパートのような時間給の仕事をしていれば安定した収入とみなされます

もちろんスポット派遣などの非正規雇用の人でも問題なく安定した収入とみてもらえます。

消費者金融の多くの年齢制限は69歳までにしている消費者金融会社が多く、65歳で定年退職した人でも、今時点で労働による収入があれば審査は可能という柔軟な対応なんです。

就職が内定していても実労働をしていないと無職扱いになる

無職

お金が必要なケースの中には、退職して次の仕事が決まるまでの間のつなぎにしたい。

実はこれが非常に多く、無職の間に申し込みをして審査落ちになるケースが多くあります。

理由は「審査の最低条件の安定した収入がある」これに該当しないためです。

また、次の職場に内定していても、実労働をしていないと無職扱いになることもあります。

内定は勤務が決定しているものの、実労働を伴っていないため、実際に働いてから申し込みをする必要があります。

このような場合も無職として扱われますので、申し込みの際には注意が必要です。

当月入社なら契約が可能なことは多い

アルバイト

アルバイトやスポット派遣など、当月入社でも実労働をしていれば安定した収入があるとみなされ契約になる可能性は高いのです。

(※実際に給料が入ったかまでは言及していないことが多いです)

しかし、この部分は各消費者金融会社・銀行カードローン会社の判断によるので、必ずしも柔軟な対応をしてくれるのかは微妙なラインです。

当月入社でも在籍確認が取れれば、審査が可能と判断している会社はあります。

  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • アイフル

カードローン業界内部の極秘情報ですが、新規契約率が高い順番、柔軟な姿勢で審査してくれる順番は上記のようになります。

※審査基準は各社外部に公表していないので、参考程度に考えてください。

信用情報センターの内容は筒抜けなんです

信用情報センター

続いて信用情報、他社での借り入れ金額についてのお話しです。

消費者金融の審査は、信用情報センターと呼ばれる、金融機関での契約数、借り入れ金額を管理している情報機関の内容を元に審査を行います。

2016年現在の1人当たりの借り入れ件数は2件以内、多くても3件以内になっています。

これは、総量規制と呼ばれる年収の1/3を超過する借り入れを制限する規制と大きく絡みもあり、3件まで利用すると大抵のケースが年収の1/3までの借り入れになるため、3件以内に収まるという裏事情もあります。

例えば年収300万円の人なら、借りられる上限金額は100万円ですよね。

消費者金融の新規契約金額の平均が30万円になるので、3件契約すると30万円、30万円、40万円で借り入れをしたなら、融資の上限金額にちょうど当たっている状態です。

消費者金融は、これらの情報を常に確認して審査をする必要があり、信用情報センターの内容を確認することが義務になっています。

以外な落とし穴、他社利用件数!?

他社借入

さきほど、当月入社でも柔軟に対応してくれる会社が多いと説明をしました。

柔軟に対応はしてくれるものの、限度額が小額で契約になるケースが多いのです。

例えば、同じ勤務先で1年働いている人と、今月入社の人が同じ限度額で契約というケースは少なく、リスクを考え限度額10万円、20万円で契約ということも少なくありません。

もしあなたがどうしてもカードローンの枠が50万円必要で申し込みをしたのに、最初の1件目が10万円の決済、この金額で契約したとしましょう。

そうすると何件かハシゴしなければなりません。

ハシゴして4件目でやっと50万円までお金をかき集めることに成功したと仮定します。

そうすると、信用情報センターには4件50万円という金額が反映しますよね。

実はこれが非常に良くなく、1件50万円の人と4件50万円の人だと、今後の増額などの審査に及ぼす影響が全く違うものになってきます。

仮に年収が400万円あったとしても、借り入れ件数が多いことが非常にマイナス要素になり、今後の新規借り入れや、増額契約などに大きく影響を及ぼすことがあるのです。

そのため、10万円で契約になった場合に複数社にハシゴする行為はあまり褒められる内容ではないのです。

総量規制を大きく下回る金額での借り入れでも、今度どこのカードローン会社も増額してくれないという可能性があります。

専業主婦やパート収入の人が気をつけたいこと

専業主婦キャッシング

消費者金融は専業主婦へ新規契約を行っている大手消費者金融はありません。

これは貸金業法と呼ばれる法律が、収入のない専業主婦の契約は配偶者の同意が必要と定めているからです。

消費者金融の醍醐味は利用を家族に内緒にしてくれることで、同意を求めるとなると大原則に反するという理由から、契約自体を受け付けないとしている会社が多いのです。

このような理由から、専業主婦は貸金業法の範囲の及ばない一部の銀行カードローンに申し込みをする必要があります。

銀行は利用を内緒にしてくれますし、通常通りの審査が可能です。

有名どころだと楽天銀行やソニー銀行は専業主婦の申し込みを歓迎してくれます。

パート収入の場合は?

専業主婦カードローン

主婦の場合、配偶者の扶養範囲で仕事をすると収入を抑えて働く必要がありますよね。

  • 所得税の壁で年間103万円
  • 健康保険扶養の範囲、年間130万円

これを超えると健康保険料や、年金を自分の収入から支出する必要があるので、この範囲内を年収金額に抑えることが多いと思います。

貸金業法は本人の収入に対し、年収の1/3の上限金額になるので年収103万円なら限度額は34万円までが上限です。

よく増額を申し込む人がいますが、年収の1/3を超える借り入れは制限されているので、収入が上がらない限り増額はできません

このような点に注意する必要があります。

なお、専業主婦ではなく、パート収入のある主婦の場合には消費者金融で借り入れすること自体は可能です。

まとめ

カードローン審査

今回は勤務期間に絡む審査と、年収に絡む審査のことに焦点を当ててみました。

消費者金融の審査内容はこれ以外にも注意する点もあるのですが、最低限度の部分で説明をしました。

現在の消費者金融の断り率を見ると2割から3割で、契約率はかなり高めの数値になっています。

審査落ちをしている人の内容を見ると、上位4件がこちらになります。

  • 無職
  • 総量規制超過
  • 他社利用件数
  • 信用情報に事故がある

これらが全体の8割を占めていて、内容としては今回確認した部分が断られる理由になります。

自分は断り内容に該当するか確認してから申し込みをすることで、審査落ちにならない可能性があります。

是非、参考にしてみてください。